皮膚病は治りにくい

皮膚病は、そもそも治りにくい病気です。

愛犬が痒がったり、脱毛したりするのを見るのは、

ショボーン

家族として辛いことです

獣医師は、その痒みを早く止めてあげなければなりません。

当然、症状を抑えることができれば満足して頂けますので、

まずは症状を改善させることになります。

けれども、薬をやめればすぐ再発したり、

定期的に症状を繰り返したりすることがあります。

その場の火消しのような治療ではなく、

再発を防止するには、

食事管理日頃のスキンケア

ウインク

が大切だと常日頃感じています

皮膚は、

外からの細菌や異物から体を守る大切な組織の一つ

です。また、

内臓の病気が皮膚の症状となって表れてくることもあります。

つまり、皮膚は

愛犬の健康維持に極めて重要な役割を果たしています。

皮膚病は様々な原因があり、

検査も、治療も、

時間と費用が掛かってしまう厄介な病気と言えます。

ですが完全に治すことは難しくても、

皮膚の状態を定期的に観察しながら、

最適な治療とスキンケアを行うことで

良好な状態を維持することができます。

皮膚病の第一の予防策は被毛と皮膚のお手入れです。

汚れや毛もつれをそのまま放置しておくと、

皮膚への刺激や病原菌の増殖により、

皮膚に悪い影響を与えます。

皮膚への負担の少ない正しいスキンケアで

!

皮膚のトラブルを防ぎましょう

『ご自宅で正しいスキンケアをして頂きたい』

という思いから、我々は皮膚への負担の少ないスキンケア製品を開発しました。

それが、

《VIV CAREスキンケアシリーズ》

です。

上矢印
キラキラ

友人の藤井早苗さんのデザインでオシャレに

ご自宅でシャンプーをはじめとしたスキンケアをして頂くことで、

一方的かつ、対症療法的な治療ではなく、

飼い主さんと共同作業を通じて

ペットの健康を守りたい

と考えています。

また、実は

飼い主さんが自宅でシャンプーをすることのメリットは、

スキンケアだけではありません。

愛犬の全身をくまなく触ることで、

しこりを発見したりなど、思いがけない病気の

早期発見につながる

こともあるんです。

それに、

シャンプーの最初から最後までの長時間、

愛犬と触れ合うということは、

普段愛犬とあまり触れ合えない方にとっては、

貴重なコミュニケーションの機会として最適

です。

もう一つ、このシャンプーを開発した思いがあります。

それは、

「トリミングサロンで使用するシャンプー剤の

選択肢の一つにしてもらいたい」

という思いです。

泡立ち・泡切れが良く

乾きが早い

カットがしやすい

低価格

など、いわゆるコスパ重視ではない視点から、

すなわちトリミングサロンでこそ、

『皮膚への負担の少ないシャンプー剤を選択してもらいたい』

という思いです。

皮膚への低刺激を追求した

《VIV CAREスキンケアシリーズ》

を使用し続けることで、

トリミングに来るワンちゃんの

被毛・皮膚の状態が本来の健康的な状態を取り戻す

こと。

更には、

使用するトリマー自身の皮膚にも負担をかけず、

職業病とさえ言われる手荒れが軽減される

こと、が期待されます。

《VIV CAREスキンケアシリーズ》

をお勧めする理由は、

“人の化粧品グレードのペット用スキンケア製品”

だからです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。